All Articles Ableton Live
Ableton社のオートメーションをBitcrushing
Gary Hiebner on Tue, February 12th 2 comments
Is lo-fi the new hi-fi? Whatever your opinion there's something about downgraded, bit-reduced sounds that can really help your tracks stand out. Gary Hiebner explores bit crushing in Ableton Live.

あなたは既にAbletons bitcrusherエフェクトReduxおよびダウングレードする侵食を使用し、オーディオ素材を劣化させるが、あなたの作品で破壊セクションを作成するための創造的な方法でそれを使用している可能性があります?病気はあなたが破壊セクションを作成する自動化と組み合わせてこれらbitcrushersを使用する方法を示しています。


ステップ1 Reduxのを追加

始めるために、私は私のAbletonのプロジェクトを開いている。私は2番目のコーラスの後に降伏セクションを追加したい。イムは、コーラス部を延長するつもり。この拡張されたセクションでは、私はプラグインReduxの上にエフェクト·パラメーターの一部を自動化するつもりです。

Breakdown Section.


病気にマスタートラックに処理エフェクトを追加することができます。マスタートラックにReduxのプラグインを追加します。再生には、追跡、および微調整ビットの削減とダウンサンプリングパラメータを開始し、それがあなたのオーディオに与えるどのような影響を参照してください。

Redux plug-in.


ステップ2は、ダウンサンプリングを自動化

私は効果が起動されたハード·デフォルトよりもソフトにダウンサンプルを設定することを好む。それは私が自動化するダウンサンプリングであるように、16で設定したビット低減を残す。あなたはアレンジメントビュー( ビューになっていることを確認し


ステップ3ビット削減を自動化

あなたは同様にビットリダクションを自動化することによって、より大きな劣化効果を得ることができます。最初のoffをonにボックスを切り替えることによって、ビットリダクションをイネーブルにします。その後、ビットリダクションのパラメータを表示するには、いずれかのアレンジメントビューで表示するプラグインでそれを微調整するか、Reduxのを選択することにより、

今や崩壊の過程でいくつかのオートメーションで描く。この時間は、ビット深度オートメーションレーンに減少して描画します。

ビットリダクションに耳を傾け、より滑らかに聞こえることができます任意のセクションがある場合、それを編集してください。

Redux Automation.


[オーディオID = "18364"]


ステップ4は、浸食をお試しください

私も浸食プラグインのファンです。 Reduxの後にこれを追加します。イムは、それが起動されたときに、デフォルトのパラメータに侵食セットを残そう。私は量パラメータを自動化したいと考えて、これは波源として正弦波で作業することになります。

Erosion Plugin.


我々は以前と同じようにあなたはアレンジメントビューでは、このレーンを見ることができるように、量パラメータの値を変更します。今や崩壊の過程では、このパラメータの増加に描く。この正弦ノイズは、オーディオ性能を低下させます。

Erosion Automation.


[オーディオID = "18363"]


いくつかのリバーブを追加し、より良いステップ5

いったんビット削減に満足している、さらに効果を高めるために、いくつかの他の処理を追加することができます。私は長い間、自動化されたリバーブは本当にこれに追加することができます見つける。リバーブプラグインを追加します。私は、1.84秒の長いディケイタイムを持っています。 0%〜ウェット/ドライ設定します。分解の過程で、このパラメータの値を増やします。これは効果を高める方法を聞く。

Reverb Plug-in.


Reverb Automation.


[オーディオID = "18365"]


私がやってみたい最後に一つ内訳の期間を通して少しマスターボリュームを落としています。それは次のセクションに当たったときに、ボリュームはそれが入ってキックするとき、それが大きく見えるように、元のボリュームにバックアップジャンプします

Master Volume Automation.


[オーディオID = "18368"]


この記事で私は、その効果を実証するためにマスタートラックにビットリダクションを適用しているが、他のトラックは未処理のままで、いくつかの要素が劣化してもらうようにして、個々のトラックに同じ手順を適用することができます。これはあなたのトラックに依存しますが、ちょうどあなたがマスタートラックだけでなく、さまざまな方法で処理を適用することができ、このことを覚えておいてます。


結論

Bitcrushingは、Abletonで、時間の経過とともに自動化を通して、あなたの曲のアレンジに追加するのに最適な方法です。私は他の処理効果と組み合わせるこれは本当に戻ってミックスにトラックをプッシュすることができますを見つけると、それは、これらの動的な効果が本当にあなたの作品に興味を作成することができますインチバックキックするとき、あなたは最前線に戻って全体構成をもたらすことができます。あなたの次のAbletonのプロジェクトでそれらを試してみてください。


Ableton社に関するさらなるヒントとテクニックについては、以下のチュートリアルを見てみましょう:


8 303ライブ:

8 207ライブ:

8 205ライブ:

Related Videos
Comments (2)

You must be logged in to comment.

  • JOHN J VILLA
    great tutorial guys, it would be great if you include some links to download this project.
    • 6 years ago
    • By: JOHN J VILLA
    Reply
  • Rounik Admin
    Hi John, thanks! Gary Hiebner (author of this article) has passed on the project file for download. You can now find it in this article. Enjoy! R
    • 6 years ago
    • By: Rounik Admin
    Reply
Ableton Live 8 TNT Tips and Tricks 1
Live 8 303
Dream It. Do It.
Do you want to learn Ableton Live 8 TNT Tips and Tricks 1?
Yes, I want to learn!
No Thanks, I just want to read the article.
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: