All Articles Logic Pro
ロジックプロXでのApple Loopsをパーソナライズするための5クイックつの方法
Jay Asher on Wed, March 2nd 0 comments
Logic Pro X comes with more Apple Loops than you can shake a stick at. But often you'll want to take a loop and make it your own, give it your own sonic personality. Jay Asher shows 5 ways to do this.

1990年代初頭、コルグは特色WAVESTATIONという名前のシンセサイザーを発売しました

しかし、含まウェーブ・シーケンスの数が限られていたと彼らはすぐに目の肥えたリスナーに非常に認識可能となりました。私は単に裸の手がかりとしてそれらを使用していた、私のお気に入りのテレビ番組の1と空気に複数の番組を持っていたので、おそらく時間のクランチに巻き込まれた非常に良い作曲を、見て覚えています。私は愕然といつも私がWAVESTATION上のタスクの最も簡単ではない、それらをパーソナライズするために使用したものを編集するために働きました。

同じことは、ときにSpectrasonicsのが起こりました

私はそれらを編集しますし、人々が私を求めるだろう、

私は、正直に答えるだろう

さて、今私たちは、使用するロジックプロXとの良好な響きロイヤリティフリーのApple Loopsの富を持って、そして再び、私はいくつかは、さらにいくつかの大ヒットを記録上、非常に目立つように飾り気のない使用聞いたことがあります。それはそうすることは違法でも非倫理的でもないながら、しかし、創造者として、私はあなたがそれらを作るには、少なくとも少し時間を置くことをお勧めします

#1—Change the FX on Green Apple Loops

pic 1

上の写真では、あなたが見ることができます

[オーディオのid = "39869"]

これは、GarageBandの楽器であるギターという名前のソフトウェア・インストゥルメント、および実際にロジックプロのダウン易しく書き直さバージョンを使用しています

[オーディオのid = "39870"]

うわー、その

pic 2

[オーディオのid = "39871"]

大好きです!

#2—Change the Sound Source on Green Apple Loops

させます

下のスクリーンショットでは、私は撥弦楽器のフォルダに入っおよびナマステを選択している見ることができます。

pic 3

そして今、それはこのように聞こえます:

[オーディオのid = "39872"]

とてもかっこいい!

#3—Change the Quantizing with Flex on a Blue Apple Loop

青のApple Loopsは、オーディオループであり、以下簡単にグリーンのApple Loopsベースのソフトウェア音源よりも操作します。しかし、あなたも一緒に行うことができます多くはまだあります。

以下のオーディオ例を聞きます

[オーディオのid = "39873"]

させます

pic 4

私は、リージョンパラメータボックスに移動し、トリプレット1/16にクオンタイズの設定を設定します

[オーディオのid = "39875"]

もちろん、私はさらに行くといくつかの非常に詳細なシフトを行うと、いくつかのFXを追加するために、地域でのFlexマーカーを操作し始めるので、これは表面だけを傷つけされる可能性があります。

#4—Drag the Apple Loops Into Alchemy 

最新のロジックProのアップデートでこの新機能は、創造性のすべての種類を開きます。私はあなたが以下の聞くことができる素敵な小さなアップルループという名前の最後のエピソードの鐘を発見しました。

[オーディオのid = "39874"]

私は、ソフトウェア音源チャンネルストリップを作成し、錬金術をインスタンス化します。私は詳細モードに行って、デフォルトのパッチをクリアしていることに注意してください。

pic 5

私は単に私が行ったように、錬金術インタフェースでソースAにドラッグします。

pic 6

それはそれは同じように、今プレイ可能楽器ですが、私は下の画像でやっているように、ソースBにアルケミーからの追加の音源をロードし、それを再調整、それらをパン、と少しリバーブを追加したらどう?あなたは、オーディオの例ではそれを聞くことができます。

pic 7

[オーディオのid = "39876"]

もう一度、私はちょうど表面を傷つけています。私自身の唯一の制限は、私の時間と創造性です。

#5—Combine Altered Apple Loops to Make Your Own Apple Loop

私は一緒に錬金術部を曲げられトリップホップループを使用することができることを決定し、それはクールに聞こえるが、それはより多くを必要とします。私はもちろん、いくつかのより多くのApple Loopsにドラッグすることができますが、ちょっと、私はキーボード奏者ですので、代わりに私はシンプルなベース部と第2錬金術機器で再生、ステレオ出力のいくつかのマスタリングプラグインを追加し、結果は:

[オーディオのid = "39877"]

私は今、私のプロジェクトのオーディオフォルダに追加し、単にループブラウザのGUIにドラッグするオプションを指定して、それをバウンスすることができ、そしてそれは私が任意のプロジェクトで使用することです!

あなたはこののいずれかが価値があったとのApple Loopsに私の変更は良くも悪くもそれらを作ったかどうかが、何を否定することはできませんがあるかどうかを議論することができ、私はそれらを作りました

楽しむ!

Comments (0)

You must be logged in to comment.

Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: