All Articles Logic Pro
ロジックProのXにFCP X、ファインプリント
Ben Balser on Thu, November 7th 8 comments
You may have heard it's possible for Logic Pro X to read FCPXML! Ben Balser explores the best ways possible to create a successful workflow between Apple's pro video and audio workstations.

今FCPXMLを読み取ることができるというロジックプロXは、プロレベルのオーディオ作業に対処する必要があるとき、のFinal Cutユーザーに大きな恩恵です。まだのFinal Cut ProのXからFCPXML経由ロジックProのXに行くとき、あなたが準備する必要があるいくつかの注意点があります。私はこの細かい活字を呼び出す。この記事では、我々は2つ​​のアプリ間で成功したワークフローを作成することが必要であるのかを見ていきます。


タイムラインの準備

に注意するべき最初の事柄は、オーディオサンプルレートです。そこは本当にすべての問題であるが、それは、NLEのタイムライン内のすべての音声が同じサンプルレートであることを確認するためだけにお勧めしてはいけません。ビデオのための標準的なオーディオレートは48 kHzです。オーディオ、タイムラインの設定と同じサンプルレートではない特にダイアログは、時間の経過とともにますます明らかになりドリフトを引き起こす可能性があります。しかし、あなたが本当にあなたのプロジェクトのタイムラインでサンプルレートの異なるオーディオを使用しなければならない場合、ロジックにこのワークフローは本当に問題ではありません、だけでなく、この記事の後半を参照してください。

注意すべき第二のものは、そのロジックがFCPXによってできるビデオフォーマットのすべてを読んでいないということです。それだけでほとんどのMacフレンドリーQuickTimeフォーマットを読み取ることができます。例えば、私はFCPXでREDCODE RAWファイルを編集することができたとしても、私はFCPXMLとしてそのプロジェクトのタイムラインをエクスポートするときに、ロジックはそれがビデオ形式自体を読んでカント以来、ビデオを再生できるように文句を言わない。これらのケースでは、2つのワークフローのいずれかを使用します。 youveはすでに作成した場合はどちらか、FCPX設定に入り、プロキシメディア再生を切り替える。または、この記事の後にも議論マスターファイルをエクスポートします。

最後に、これは非常に重要であり、youllのは、化合物、同期、およびマルチカムクリップを分解する必要があります。 FCPXMLファイルからこのようなものを読み取ろうとする場合は、この記事の執筆時点で論理は非常に混乱してしまいます。あなたがこれらを持っている場合、私は、この新しいプロジェクトにタイムラインが重複タイムラインで物事を離れて壊す、プロジェクトを複製するをお勧めします。これは、あなたのオリジナルのそのままを保持し、ロジックはそれが必要としてあなたのオーディオクリップを築くことができます。


のFinal Cutからのエクスポート

単にFCPXからロジックにプロジェクト内だけオーディオクリップは、単にそのタイムラインを開く取得するには、プロジェクトのXMLをエクスポートするには、[ファイル]メニューに移動します。だけFCPXMLでプロジェクトのタイムラインをエクスポートすることができます。 youllはドロップダウンメニューからメタデータビューを選択するオプションがあります。これは、エクスポートされたファイルに含まれているもののメタデータが設定されます。ほとんどの場合は、基本的な選択は、うまく動作します。 Logicはとにかく、他のビューに表示高度なメタデータの多くに対処する文句を言わない。

Figure 1


あなたが最適化されたまたはプロキシメディアを使用して、そのビデオを使用するためのロジックを必要している場合は、自動的にあなたのFCPXMLファイルにインポートされます。あなたには、いくつかの他のどれネイティブマックフレンドリーQuickTime形式ロジックが読めない場合があります使用した場合、youllのアップルProResプロキシとしてのプロジェクトのビデオのみをエクスポートする。結果として映画はフローティングウィンドウを指定できるか、ロジックの静的作品のペインに限定される。

あなたが簡単に視覚的な基準としては、オーディオクリップの上部にビデオトラックをしたい場合は、youllは音声のみエクスポートするエクスポートウィンドウの設定を設定する、とApple ProRes(プロキシ)として、FCPXのマスターファイルをエクスポートする必要があります。ロジックでは、youllは[開く作品を選択して、ムービーに、ファイルにアクセスしてください。ついにyoullはムービー·トラックが隠されているグローバルトラックを開きたい。


ロジックへのインポート

ロジックには、このファイルをインポートするには、ロジックを開き、それを最初に起動したときに示していますブラウザからの新しい空のプロジェクトを作成します。これは、オーディオプロジェクトが少なくとも1つのトラックを含んでいなければならないので、トラックを作成するように求められます。以下に見られるようにオーディオトラックとして設定します。

Figure 2


次に、単にインポートオプションに、ファイルに移動し、のFinal Cut ProのXMLを選択します。あなたのプロジェクトの規模に応じて、読んでプロセスを経て実行すると、あなたのタイムラインのオーディオクリップがすべてのレイアウトとなってしまいます。あなたはサンプルレートの異なるクリップを使用した場合、Logicでは、44.1 kHzまたは48 kHzの、通常、サンプルレートを使用するかを選択するようにプロンプ​​トが表示されます。 48 kHzの(あなたが44.1のための必要性を持っていない限り)を選択し、他のサンプル·レートのすべてのオーディオクリップが自動的に変換されます。アイブ氏は、非常に効率的であることが、この変換を見つけた。

Figure 3


あなたのFCPXプロジェクトのタイムラインのフレームレートがロジックでデフォルトとして設定されているものとは異なる場合次に、youllのは、別の選択をするように求められ。デフォルト·ロジックによって25 FPSに設定されているが、我々のほとんどは30または29.97またはいくつかの他のフレームレートを使用している。単にあなたのFCPXプロジェクトが次のように設定されたフレームレートを選択して、Logicは問題なく、そのフレームレートに準拠します。

Figure 4


ロジックの映画のプレビュー

あなたはFCPXMLロジックをインポートすると自動的にビデオファイルを探し、フル解像度のビデオのプレビュー画面を提示します。それはあなたのモニターのほとんどを取ることがあります。心配しないで、どちらかその画面の隅をつかみ、それのサイズを変更したり、画面内を右クリックしておらず、そのような.25(四分の一)のような小さいサイズ、のいずれかを選択します。これはあなたが自由に動き回ることができるフローティングウィンドウです。私のようなyoureの場合、これを嫌い、と映画のペインを好む。単にそのフローティングウィンドウを閉じて、あなたの作品は、インスペクタの地域とトラックのペイン(ショートカットは単に私がある)上に、論理学のインターフェイスの上部左側のペインに表示されるはずです。

Figure 5


[プロキシのビデオファイルをエクスポートしていた場合、映画のオプションには、[ファイル]メニューに行くし、[開く]ムービープレビュー]を選択して、それをインポートします。あなたのQuickTimeのファイルを選択し、それはあなたにも追加されたムービー·トラックを持っている場合を除き、上記と同様に動作します。グローバルパラメータボタンを開き、オーディオトラックの上部にムービートラックを参照してください。

Figure 6


節約

直ちにロジックに保存することを忘れないでください( コマンド+ S)。初期の保存]ウィンドウで、[フォルダのチェックを外し、他のすべてのオプションを選択します。デフォルトでは、ロジックと呼ば​​れるサブフォルダに、あなたの音楽フォルダに移動し、あなたがそれを与える名前のフォルダになります。あなたのロジック作業を追跡することは非常に簡単システムに簡単。

Figure 7


あなたはバージョンあなたのロジックのプロジェクトをしたいポイントを取得する場合は、単に[ファイル]メニューから[ 名前を付けて保存を使用します。


ロジックからのエクスポート

ロジックでの作業が完了したら、それはファイナルカットに戻ってエクスポートするための時間です。これには主に2つのワークフローがあります。最初は、あなたが最終ミックスにロックされているシングル、自己完結型ステレオまたはサラウンドサウンドAIFFファイル、に私たちのオーディオのすべてをダウンバウンスすることです。第二は、FCP Xで編集やトリミングを促進するための利用可能な当社の個々のオーディオクリップのすべてを残しFCPXMLファイルをエクスポートすることです


AIFFファイルのエクスポート

ダウンバウンスすると最終ミックスのための唯一の1つまたは2つに記録されたテープの複数のトラックをバウンスするプロセスを参照する古いレコーディングスタジオの用語です。 1つのオーディオファイルが完全にダウンして混ぜています。

あなたの仕事は、ロジックに完成されている場合、バウンスするには、[ファイル]メニューに移動し、プロジェクトを選択するか、[選択( コマンド-B)。ビデオ標準のオーディオの仕様に設定されて標準のAIFFファイルの場合は、下の画像に見られるように設定します。バウンスウィンドウの左下には、推定されたファイルサイズと処理時間を示している。次に、単にバウンスボタンをクリックして、通常通りにFCPXに生じたAIFFファイルをインポートします。これはFCPXに戻ってあなたの仕事を得るための最も信頼性が高く、最も簡単なオプションです。私は非常にいつも単に、その信頼性のために、FCPXに戻ってあなたの仕事を得るためにバウンスを行うことをお勧めします。

Figure 8


FCPXMLファイルのエクスポート

このメソッドは、新しいオーディオファイルと我々のオーディオクリップのすべてを含む新しいプロジェクトのタイムラインで、私たちに新たなイベントが発生しますたFCPXにインポートするXLMファイルを提供します。これを書いている時点で、私はこの方法は非常にバグがあると、Appleは少し良くロジック用XMLワークフローをアイロンをかけたまでそれを使用しないよう助言することを見つける。私はクリップをタイムラインの先頭にすべての開始を発見しています、聞きしたいがために、ビデオクリップが正しくないではありませんが、それはこの時点で実行可能なようにするためにあまりにも多くの問題は、単にそこにある。 Appleはこのワークフローを修正するとき、我々は、この記事を更新します。

Figure 9


ロジックからのFinal Cut用エクスポートXMLに関するOneノートはyoullのを作るための選択肢を持っているということです。複合クリップとして、あるいは定期的なプロジェクトのタイムラインとしてそれをエクスポートします。これは単にチェックや論理学のエクスポート]ウィンドウの複合クリップチェックボックスとしてエクスポート]をオフにされています。どちらにしても、正確に同じ内容と結果を得る。唯一の違いは、一つはあなたがすぐに他のタイムラインにドロップすることができる新しいイベント複合クリップを持っているということです。もう一つは、あなたに新しいイベントでプロジェクトを提供します。どちらも、あなたのロジックからFCPXMLファイルと同じ場所にエクスポートされたすべての新しいクリップを、与える。


結論

ロジックワークフローFCPはまだ完全なものではありませんが、Appleは非常に便利です往復メソッドにスタートを得ていることを示しています。あなたのために準備するための注意点は、どのように往復ワークフローの仕組みを知っている限り、あなたは多くの問題がなく、これを活用することができるはずです。私はこの記事が話題をクリア願って、徹底的に探しmacProVideo.comでここにロジックPro Xのトレーニング


Related Videos
Comments (8)

You must be logged in to comment.

  • Nytupou
    Hi Ben, Thanks for your articles on how to roundtrip between Final Cut and Logic. I read the one you wrote in July, too, and both are great. I have some questions about audio bit depth, and hope you'll offer your insights here: Say my Final Cut Project has audio settings of 48 kHz sampling rate and 16-bit depth, but I want to edit the audio in Logic at 48 kHz /24-bit. (I might want to mix the video's audio with another track of voice-over recorded at 48 kHz/ 24-bit depth, and also add some audio processing.) What do you think about this workflow: 1. Exporting the audio from Final Cut as a Master File, 2. Transcoding (in QuickTime Pro or Compressor) from 16 to 24 bit depth, 3. Importing the audio into Logic Pro as 48 kHz/ 24 bit depth, 4. After working in Logic, bouncing down the audio from multi-track, 24-bit to a single 16-bit stereo track, 5. Importing the track into Final Cut, where it will again match my Project settings. Any thoughts about this approach?Or is there a way to do this using XML exporting and importing? Thanks again!
    • 6 years ago
    • By: Nytupou
    Reply
  • BenB
    My first question would be why you want to go 24-bit for something as basic as voice work. You won't hear any difference in quality. And I do all of my VO work now directly inside of FCP X. I like the magnetic timeline workflow infinity better than the multi-take features of STP or Logic. Now if there were a reason you really had to take it to Logic, and had to work in 24 bit, I'd use Roles to export my audio tracks as audio stems at 24-bit (custom Compressor settings help with this). Then bring the bounced down mix back into FCP X. When I brought back the mix into FCP X, I'd first Duplicate my Project (Project only) and put all original audio into a Compound Clip, then drop my mixed down AIFF into that Project. But again, there is going to be no perceivable difference between a 16-bit and 24-bit voice track. And its all going back to 16-bit for a standard video file, also.
    • 6 years ago
    • By: BenB
    Reply
  • BenB
    AND, you could always change your Logic project setting to 24-bit after the FCPXML import into it.
    • 6 years ago
    • By: BenB
    Reply
  • Nytupou
    Hi Ben, Thanks for your suggestion — I'll try it! Regarding working at 24-bit depth in Logic Pro X, I record voice-over in Logic, where recording at 24-bit is recommended and is the default setting. I also mix and process audio in Logic — EQ, compression, maybe a limiter. Here, too, I've understood that it's best to process audio at 24-bit, then bounce to 16-bit for use in Final Cut, then creating the DVD and playing the movie. So that's why I was wondering how to put the 16-bit audio from video (captured in Final Cut) into 24-bit for mixing and processing in Logic. Again — thanks for your great articles on the round-trip between Final Cut and Logic!
    • 6 years ago
    • By: Nytupou
    Reply
  • Rounik Admin
    Hi duenorth, From my understanding, the greatest benefit you'll get is when recording at 24-bit depth... as this will give you much more dynamic range and therefore headroom and allow you to record at lower levels while capturing plenty of data info. When it comes to converting from 16bit to 24bit I believe you're not actually improving the bit depth of the audio file, it will simply create a larger file. The dynamic range is already set. So, I'd recommend staying at 16bit when importing into and mixing in Logic ... Hope this helps, Rounik
    • 6 years ago
    • By: Rounik Admin
    Reply
  • BenB
    Again, just change the bit-depth of the Logic Project, if desired.
    • 6 years ago
    • By: BenB
    Reply
  • Nytupou
    Hi Rounik, Thanks for your thoughts! I agree with you on recording voice-over at 24-bit depth. I also agree that converting the 16-bit audio from Final Cut to 24-bit in Logic doesn't improve that audio: it just creates a bigger file size. But my Logic project involves mixing a 24-bit voice-over track with the 16-bit audio tracks from Final Cut. All the tracks in a Logic project must have the same bit depth. Should it be 24-bit or 16-bit? I prefer 24-bit, since I'd rather preserve the quality of the voice-over track, and I accept a larger file size for the audio-from-video tracks (after they're converted to 24-bit). Also, this way I can mix and process the tracks in Logic at 24-bit and bounce to 16-bit.
    • 6 years ago
    • By: Nytupou
    Reply
  • BenB
    Go with 24-bit.
    • 5 years ago
    • By: BenB
Working With Audio
Final Cut Pro X 105
Dream It. Do It.
Do you want to learn Working With Audio?
Yes, I want to learn!
No Thanks, I just want to read the article.
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: