All Articles Logic Pro
ロジックPro Xのチュートリアル:フレックスピッチ
David Earl on Tue, July 16th 6 comments
One of the marquee features in Logic Pro X is Flex Pitch. David Earl (aka. SFLogicNinja) dives in to showcase just how effective the pitch manipulation is and how it works.

ロジックプロXに含まれる素晴らしい新機能のすべての中で、Flexのピッチは、実際のゲームチェンジャーです。多くの企業は、Appleがゲームを変更するつもりだった方法を確認するために、時間とピッチ操作のための製品と前にように、その面白くなってきた。彼らは密接に探しっす場合多くは事故に見逃す可能性があること、多くの詳細があります。 Appleはこれを作るために彼らの思考キャップを入れて、強力な何かを思い付いた、柔軟な、と...よく...スリック。


ロジックプロXでのFlexピッチ開始

Weveはは曲に合わせていくつかのボーカルを得た!それらを準備するために、我々は、Flexモードをオンにする必要があります:

  1. メインウィンドウにフレックスモードボタンをクリックして、フレックス·モードをオンにします
  2. 屈曲するトラックにフレックスモードをオン
  3. 利用可能なアルゴリズムのリストからピッチを選択してくださいフレックス

我々はピッチだけでなく、時間を台無しにすることができますので、Flexのピッチは、アルゴリズムの残りの部分から分離されている。代わりに私達にFlexとトランジェントマーカーを与えるのは、Flexピッチはノートを使用することになります。すべてがメインウィンドウにどのように見えるかを相続人:

Getting Flex Pitch going in the Main Window of Logic X.

Flexのピッチは、ロジックXのメインウィンドウに行きましょう


メインウィンドウで注意事項を使用した作業

ノートフレックスピッチは、我々が編集したい領域内で非常に薄い青の線として表示され検出されました。メインウィンドウでは、我々のオーディオ·リージョンのピッチへのグローバルな変更を行うことができます。 Flexのピッチは正しい音程を検出するにはかなり良いですが、我々は、メインウィンドウにすべてのノートを編集すると行うことができるかもしれません! (我々はとてもラッキーだった場合のみ)

  1. Shiftキーを押して、投げ縄にチューニングされるアレンジウィンドウ内の領域内でのノート。
  2. ノートの斜線部分の内側をクリックし、クリックしたまま、プルダウン。
  3. 変更されてピッチを聞くYoullは、ピッチは領域の中心に近づくとき、ノートは彼らの完璧なピッチでロックする必要があります。
  4. あなたの作品に耳を傾けるしています。

The Flex Pitch Tool displays a useful position and pitch readout.

フレックスピッチツールは便利な位置とピッチ読み出しが表示されます。


メインウィンドウ内のFlexピッチで、我々は非常に抜本的な変更を提供しています。フレックスピッチピッチを見つけることでかなり良いです、補正は通常かなり良いですが、適切に行わ仕事を得るために、我々はオーディオトラックエディタを使用する必要があるとしている。


オーディオトラックエディタでFlexのピッチでの作業

オーディオトラックエディタはロジックプロXに新しいです、とFlexピッチの細かい編集を行うための素晴らしい方法です。オーディオトラックエディタを開くには、単純に屈曲されるオーディオ·リージョンの上部にダブルクリックします。

オーディオトラックエディタは左側に検査官を持っており、ノートは右側のグリッドに表示されます。検査官は、一度に複数のノートのピッチと時間を変更するために使用され、ノートは細心の注意を払って個別に編集されている場所、それの右側のグリッドがある。

Flex Pitch at work in the new Audio Track Editor.

新しいオーディオトラックエディタでの作業でピッチを曲げる。


フレックスピッチ用インスペクタを使用して

インスペクタを使用するには、単に編集したいどんなノート選択して、次のアクションのいずれかを選択します。

  • タイムクオンタイズ -これは、ノートを取り、グリッドに量子化、ピアノロールエディタでMIDIノートに似て
  • クオンタイズを1:43 -これは、特定のスケールにノートピッチを閉じ込めます
  • ピッチ補正 -これは、彼らが完全な状態に近づいているように、すべてのピッチを変更しようとします。スライダと、これは度で行うことができ
  • ゲイン -これは、任意の選択されたノートのゲインを調整します

The Inspector provides useful controls to manipulate the pitch of your audio files.

Inspectorはオーディオファイルのピッチを操作するために便利なコントロールを提供します。


検査官はメインウィンドウよりも肥えていますが、詳細な作業のために、その地域は、中に入ると、個々のノートで動作するように助言した。


ホットゾーン

インスペクタの右に領域面積では、ノートを持っている。これらのノートは、それらの6つのホットゾーンを持っている。彼らは、左右上下のコーナーにあり、それらはまた、音符の上下に渡っ途中に見出される。

これらのホットゾーンは、次の機能を実行します。

  • ドリフトイン/アウトピッチ -別のノートピッチからスライドさせるための
  • ビブラート -少し不安定なパフォーマンス?我々はそれを修正することができます。
  • ファインチューニング -セントで、(半音当たり100セント)
  • 利得 -増減ゲイン、波形変化を見
  • フォルマント -もしピッチで高いか低い自然な声に聞こえるよう。 (また、卑劣なミッキーマウスやフランク·ザッパツールに切り替えることができます)。

Hot Zones provide convenient and quick access to essential functions when using Flex Pitch.

Flexのピッチを使用している場合、ホットゾーンが重要な機能に簡単かつ迅速なアクセスを提供します。


Flexのピッチのための創造的な使用を見つける

だから私たちは、Flexピッチの基本的な解剖学を知っている。創造的に、私たちはほかにボーカルを何をチューニングすることができますか?

  • 開始するには良い場所では、Flexピッチデータで領域をコピーして、バッキングボーカルを作成するために上下にそれらをチューニングされています。
  • または疑わしい - - フレックスピッチのもう一つの良い創造的な使用ではありません持っている楽器取ることですピッチ、ラインにそれらを強制。
  • 検出されたノートデータを活用するFlexのピッチに組み込まれている他の機能もあります。 MIDIは、この強力なツールから生成され、他の領域で再利用することができる。
  • あなたが別のメロディを作成できるようにオーディオトラックエディタで新しいノートを作成します。
  • 根本的にボーカル極めて気紛れな雰囲気を与えるようにフォルマントを変える。インスピレーションを得るために耳を傾けるアーティストグライムス、フィーバーレイ、とCocoRosieです。面白いと奇妙な。


結論

Flexのピッチは、単に曲歌手の外にするためのツールではありません。それが大幅にのみボーカルが、その影響下に置かれ、他の楽器ではないの音色、感情的な感触を変更するために使用することができます。 Flexのピッチデータのいくつかの領域をコピーして貼り付けると、メロディーとすぐにめちゃくちゃクリエイティブな領域にスピンモチーフの繰り返しを作成するのに役立ちます。

これらの技術のすべては非常に直感的であるという事実は、Melodyneのとオートチューンのようなプログラムを介してユーザーに大きな足を断念。これらのプログラムでは、最初のコンテンツがメインウィンドウ内の領域が削除された場合でも、とどまったプラグインへのリアルタイムでのオーディオを、書かなければならなかった。私はこのために私のパーカッションにボーカルと茎を結局何回知らない。ロジックプロXは新しいFlexピッチのおかげで、私はもう問題になるだろうと考えてはいけない。


の詳細については

ロジックプロX 108 -フレキシングボーカル:時間とピッチ


Related Videos
Comments (6)

You must be logged in to comment.

  • Kgi111
    I've use Melodyne Editor for a couple of years. And I've tried the LPX for a couple of days. My initial conclusion. LPX is way faster to work with than Melodyne. This is done inline, so you do not have to rerecord as with Melodyne. When you make drastic changes I will say that Melodyne does a way better job. But if it is a good singer and you just need to fix a bit here and there LPX is doing a pretty good job. Have I had this Flex Pitch in LP9 I would not have bought Melodyne.
    • 7 years ago
    • By: Kgi111
    Reply
  • Geeztown
    I think what makes pitch shifting vocals sound most natural is when you can shift the pitch but not the formant. I think melodyne is automatically set up to only shift the pitch and not the formant where as in Logic X, I'm seeing 2 parameters in the track / region inspector. 1 is formant track and the other is formant shift. I can't seem to find much about this in the manual. Can anyone shed a little more light on what those parameters do? Formant shift appears to be a global formant shift while I think that formant track has to do with how much the formant shifts when you change the pitch of a note. Setting formant track to 0 seems to only shift the pitch of the note and not the formant. However I'm confused by what the manual says : • Formant Track: Determines the interval at which formants are tracked along the signal. • Formant Shift: Determines how formants adjust to pitch shifts. When set to 0, formants are adjusted together with pitch shifts. Also, loving how it ignores consonant sounds. I would spend hours making sure I cut those out of notes so they wouldn't get pitch corrected in melodyne. I'm really excited about how much of a time saver this is!
    • 7 years ago
    • By: Geeztown
    Reply
  • David Earl
    Hey there, The formant is not changed with pitch when using 'Voice' mode in Melodyne. It attempts to retain the original formant value so that you don't get the chipmunk/Darth Vader effect. In Logic, the Formant travels with the pitch. I find that in my workflow it is better to change formants after the fact when needed, because sometimes it sounds way better to have the formants follow pitch rather than remain fixed. The idea of different formant modes is a great idea, though... Maybe the Logic team would be open to such suggestions.. :)
    • 7 years ago
    • By: David Earl
  • DaveDeLizza
    Are the algorithms on par with or even better than Melodyne? Trying to gather whether I'll be able to sell my melodyne license. What do you think of it? It looks beautiful.
    • 7 years ago
    • By: DaveDeLizza
    Reply
  • Rishabh
    Check out the Flexing Vocals course to get a better idea about the algorithm quality. There are still some minor things that Melodyne can do that this can't do yet, for e.g. glide transitions between notes. And of course the full version of Melodyne is polyphonic while this isn't...yet.
    • 7 years ago
    • By: Rishabh
    Reply
  • brad
    will flex pitch be able to do double speed recording al la the Les Paul/chipmunks kinda thing
    • 7 years ago
    • By: brad
    Reply
Flexing Vocals: Time and Pitch
Logic Pro X 108
Dream It. Do It.
Do you want to learn Flexing Vocals: Time and Pitch?
Yes, I want to learn!
No Thanks, I just want to read the article.
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: