All Articles Logic Pro
Logic Proのタッチでトラックを使用して、
David Earl on Mon, April 9th 5 comments
One of the more unexplored areas of Logic Pro, the Environment, holds some of the most rewarding features. One of these, Touch Tracks, is widely unexplored… until now, thanks to David Earl!

タッチ·トラックは、複数 MIDIリージョンもキーボードコントローラを使用してMIDI情報を含むフォルダを再生する方法です。これは元々論理の世界は、すべてのMIDIたときに曲を試聴するにはかなり楽しい方法だった。私たちは、曲の全体のセクションを取得し、我々が言っています、それらを任意の順序で再生することができます。

今、私たちは、オーディオとMIDIの世界に住んでいる、タッチトラックは少し少なめにエキサイティングに見えるかもしれません。我々はそれらを得るために環境のウィンドウを使用する必要があり、特に以来。たとえそうであっても、タッチトラックの環境オブジェクトの可能性はサンプラーのトラックにオーディオを変換することができて以来、再び面白くなってきた。

病気だけでそれらがどのように動作するかをお見せしなければならない、ともあなたが思い付くものの可能性参照してください!


ステップ1 - 環境でのタッチ·トラックを作成します。

OK、まず最初にすること:私たちは、環境のウィンドウを開いて、ローカルの[新規作成]メニューから、選択する必要があります。

Create a Touch Tracks object


我々は、タッチトラックの画面が表示されます。タッチトラックのオブジェクトが自動的にアレンジウィンドウ内の割り当て可能なトラックとして利用できるようになると、ポップアップタッチトラックウィンドウには、我々はこの環境のウィンドウを閉じても、フロートします。


ステップ2 - アレンジウィンドウにタッチトラックを割り当てる

アレンジウィンドウで、新しいトラックを取る(これは現在使用されていないものでもかまいません)と、トラックリスト内のアイコンを選択しながら、 コントロールを押したままにします 。これは、私たちはタッチトラックがになっていることを環境の層を見て、それに応じてトラックを再割り当てすることができます。

Assign Touch Tracks in the Arrange area


ステップ3 - 一部のコンテンツに持参

アップルループブラウザに移動し、アレンジウィンドウにドラッグするためにいくつかの緑のApple Loopsを選択します。ピアノ、ベース、ドラムのコンボを試してみてください。多分シンセ·パッドを追加します。自分をノックアウト。


ステップ4 - タッチトラックを読み込む

今すぐ簡単に開いているタッチトラックのウィンドウに上のMIDIリージョンをドラッグします。タッチトラックウィンドウの左側にキーボード上のいずれかの領域をドラッグしてください。それはあなたがC3、D3、およびE3の上に領域をドラッグした場合にどのように見えるかHERESに:

Touch Tracks populated with regions on C3, D3 and E3.


ステップ5 - それをテスト

今最後の領域は、配列で終了した後に再生ヘッドを設定し、再生を押してください。アレンジウィンドウで選択したタッチトラックのトラックを持っていることを確認してください。ロジックは再生モードにある間は、一度にMIDIリージョン1をトリガすることができます。各地域は現在、独自のグループに割り当てられています。あなたはすべての領域が一度に再生できるようにするためにoffまたは0にグループのすべての設定を有効にしてください。

あなたは、他のタッチのトラックのノートの値に変更するいくつかの設定をされることがあります。私は通常それらを無視します。

今、私たちはタッチトラックが動作していることを決定した、アレンジウインドウでリージョンをミュートします。タッチトラックが排他的に使用することができます。


ステップ6 - フォルダを試してみてください

あなたがフォルダに領域を詰める場合は、単一のキーでフォルダ全体を果たす可能性があります。アレンジウィンドウ内のすべての領域を選択しようとすると、それらのミュートを解除し、 リージョンを使用してフォルダにそれらを詰め込む

今全体のフォルダには、タッチ·トラック内の単一のキーで再生されます。このフォルダは、全体として今転置することができることに留意して、混合結果を持つことができます。あなたが確認する必要がありますそのドラムトラック、 移調ないためのインスペクタで

Make sure 'No Transpose' is selected.


これは、同様に転置され得ることからあなたのドラムを維持します。


その他の設定

タッチ·トラックの他の設定を試していることを確認してください。

  • Groups: any regions or folders assigned to the same group will mute each other when playing back. This is similar to a hi-hat mode, where a closed hi-hat silences an open one.
  • Velocity: At 100%, your velocity will increase or decrease the velocity of the entire region. When set to ‘off’, the region plays exactly as it was created in the Arrange window.
  • Trigger: This Determines whether the region loops, toggles, or behaves as a gate when the key is released.
  • Start: Always be on the beat when you trigger a region, or leave it free.


タッチ·トラックは、地域が終了する前に、キーを解放するため保持サステインメッセージ若干challenginglikeすることができますが... (awkward!)それはまた多くの楽しみにすることができます。私は非常に彼らと遊んでお勧めします。



Related Videos
Comments (5)

You must be logged in to comment.

  • GaryHiebner
    Great tip. Sounds like Touch Tracks can be used to try out different arrangement ideas on the fly. Can't wait!
    • 7 years ago
    • By: GaryHiebner
    Reply
  • Mehyfoe
    How does the routing of the touch track device suppose to work? It would seem a common thing to do as with transformers etc... I haven't been able to get a positive result from the steps you provided nor any additional steps I provided... something simple I am missing here?
    • 7 years ago
    • By: Mehyfoe
    Reply
  • Rounik Admin
    Hi jamr, If you follow all the steps above this should work great. Some things to remember: - Make sure the "Touch Tracks" track is selected in the Arrange area. - Logic's Transport must be running for this to work as Touch Tracks is a "real-time" Environment component. Hit play! - Ensure you are pressing the correct keys on your MIDI keyboard/capslock keyboard that correspond to the notes which you have dragged the MIDI regions (or Green Apple Loops) onto in the Touch Tracks window. Hope this helps R
    • 7 years ago
    • By: Rounik Admin
    Reply
  • David Earl
    Jamr, The routing of the Touch Tracks object as shown is a bit different than how you would normally route a transformer object. If you would like to trigger the Touch Tracks object within the environment, try routing from a keyboard object, or create a button and reassign the output from controller values to note values and have those note values match the corresponding touch track notes. Also, do make sure you are in play, as all objects in the environment widow receive their timing only when Logic's clock is running. If you provide some details as to what you have tried, I will try to address your issues tomorrow. *bows*
    • 7 years ago
    • By: David Earl
    Reply
  • Mehyfoe
    "Something simple" just likes to play me like a slapped ass. I was populating the touch track itself and was wondering why the apple loops turned white when I dragged to the assignment window. Also the track mixer disappeared. :) After I wrote the reply, I left and made some popcorn. When I got back, I was slapped by the step 4 diagram and realized what I had done. After I assigned one of the other tracks to the touch track of course all worked just like you said it would. Happy day.
    • 7 years ago
    • By: Mehyfoe
    Reply
Logic TNT 3 Tips and Tricks: Reloaded
Logic 304
Dream It. Do It.
Do you want to learn Logic TNT 3 Tips and Tricks: Reloaded?
Yes, I want to learn!
No Thanks, I just want to read the article.
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: