All Articles Mixing & Mastering
すべてのプロデューサーが知っておくべき6ボーカル処理のヒント
Hollin Jones on Thu, February 25th 1 comments
A great vocal can turn a good track into an amazing one. Here are some tips for processing your takes for awesome results…

1. Compression is King 

Your DAW will come with a decent compressor

お使いのDAWはまともなコンプレッサーが付属しています

あなたはそれがボーカルを圧縮する必要性を認識してあってもよいが、

ほとんどの人々ので、

2. Consider a Processing Suite

A processing suite like Nectar contains specialized tools for vocals

ネクターのような処理スイートは、ボーカルのための特殊なツールが含まれています

それ

3. Create Harmonies

Tools like Cubase’s Generate Harmonies feature make it a breeze to create harmonic accompaniment without needing a singer to be present

Cubaseのようなツール

それほど長い前に、作成ハーモニーは、ライブそれらを記録することを意味しました。しかし、もしあなたの歌手のISN

 4. Delay Can Replace Reverb

Some short delay can work wonders on vocal tracks

いくつかの短い遅延は、ボーカルトラックに驚異を働かせることができます

ボーカルにリバーブは時に任意の生産、多くの場合において不可欠な一部と見なされています

5. Vocoding Needn’t be Cheesy

Waves’ Morphoder is a great vocoder, though there are plenty of alternatives. 

我々

6. Play with Panning

Panning and EQ are important tools for working with vocals and both available right in your mixer.

パンニングとEQはボーカルを操作するための重要なツールであるとの両方がミキサーで利用できる権利です。

これは、ボーカルトラックを盛り上げるための最も簡単なまだ最も効果的な方法の一つであり、あなたが本当に必要とするすべてはあなたのDAWでパンナーです

Comments (1)

You must be logged in to comment.

  • Producer Ronie
    I like these tips
    • 1 year ago
    • By: Producer Ronie
    Reply
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: