All Articles Native Instruments
どのTRAKTOR PRO内の2つの高度なマッピングを作成する
Sara Simms on Tue, April 9th 0 comments
Sara Simms is here to take you beyond the techniques in her recent article on creating MIDI mappings in Traktor Pro. Learn how to create 2 advanced mappings in NIs Traktor Pro.

私の最近の記事の一つに、私はTraktor ProのシンプルなMIDIマッピングを作成する方法を説明しました。あなたのマッピングスキルを向上する準備ができたら、TRAKTOR内の2つの高度なマッピングを作成する方法を学習してみましょう。


負荷と同期

我々が作成しますことを、最初のマッピングは、同時にトラックをロードして同期させることができ、単一のボタンから、両方の機能をトリガします。あなたが頻繁にセットに同期機能を使用してデジタルDJ、ならこれは非常に便利なマッピングです。

TRAKTOR PROを開いて起動して、コンピュータにコントローラを接続してください。

その後、トラクターに行く

デバイスの設定]セクションでは、既存のデバイスのマッピングを変更するかを選択できたり、クリックして、新しいMIDIマッピングを作成します。

[汎用MIDI(デバイスの下にあります)を追加します。

Controller Manager


デモンストレーションの目的のために、私は私のTraktorのKONTROL X1のためのマッピングを変更するでしょう。割り当てテーブルセクションでは、(デッキコモンデッキ)選択したロードするには、スクロールダウンし、それをクリックして強調表示します。あるいは、あなたは、割り当て表では、この本来の機能を削除します(強調表示し、それを削除して)し、をクリックして、新しいものを追加することができます。

一般的なデッキでは、追加、およびロードが選択されて選択するためにスクロールダウンします。

Deck Common


デバイスマッピング]セクションで[学習]ボタン(クリックしたときに、それが黄色に変わります)をクリックし、マップ化したい、お使いのコントローラのボタンを下に押します。私は、この関数に左Loadボタンをマップするために選択しました。また、また学ぶの右側に直接ボックスをクリックしてマウスでボタンを選択することができます。

設定が完了したら、それを解除するには、黄色学ぶボタンを再度クリックします。

Mapping Details


[マッピングの詳細]セクションで、次の設定を選択します。

  • コントローラの種類:ボタン
  • インタラクションモード:トリガ
  • 代入:デッキ


(注:別のデッキを使用する場合がありますが、同じデッキに次のマッピングを設定する必要があります)


Assignmentテーブルで、機能上の同期を見つけ、それを強調表示し、または、追加で共通デッキをクリックして、下にスクロールして上に同期をクリックしてください。

Sync On


デバイスマッピング]セクションで[学習]ボタン(クリックしたときに、それが黄色に変わります)をクリックし、マップ化したい、お使いのコントローラのボタンを下に押します。あなたがロード機能のために選択したのと同じボタンを選択します。あなたが見ることができるように、私は同じ左Loadボタンをマップした。覚えておいて、また学ぶの右側のボックスをマウスでクリックすることにより、ボタンを選択することもできます。

[マッピングの詳細]セクションで、次の設定を選択します。

  • コントローラの種類:ボタン
  • インタラクションモード:ホールド
  • 代入:デッキ

(注:機能を選択したロードと同じデッキにセットされ、選択した方のデッキを確認してください)


最後に、ボタンのオプション]セクションで、ボックスにチェックマークを作成するために反転の左側をクリックします。

Invertをクリックすることにより、我々は、機能上の同期がアクティブになったときに逆転しました。代わりに[Load]ボタンが押されたときに適用されるの同期のボタンが離されたときに、上の同期が有効になります。

Invert


ここでは、動作するように私たちのマッピングを設定している方法です:

我々は、トラックを選択した場合

環境設定ウィンドウの下部にある[閉じる]をクリックして新しいマッピングをテストし、コントローラ(または、マッピング用に選択したボタン)をロード]ボタンをクリックして、トラックをロードします。あなたのトラックが同時にロードして同期する必要があります!

あなたのマッピングを保存するには、新しい。TSIファイルを作成することができます。 Traktorの環境設定]を開き、をクリックします

キーボードマッピング、コントローラー·マッピング、およびGUIレイアウト:次のボックスがチェックされて残すことを確かめなさい。あなたは、エフェクトの設定やその他の設定と同様にチェック済みの設定のままにしたい場合があります。

Export


安全な場所に。TSIファイルを保存し、[環境設定]ウィンドウを閉じます。


シングルFXのマッピング

我々が作成しようとしている2番目のマッピングは、あなたのドライ/ウェットFXは調整して、同じ無限のエンコーダを使ってFXを選択を制御することができます。

設定後、Traktorをクリックすることによって、あなたのTraktorの設定画面を開きます。

エフェクト·セクションでは、FXのパネルのモードの下で、シングルにFX 1に設定します。

FX


コントローラマネージャ]セクションに移動して、デバイスの設定で、お使いのデバイスを選択するか、[追加]、[汎用MIDIをクリックして、新しいものを作成します。

私たちは、あなたが同じボタンに2つ以上の機能をマッピングすることができます修飾子を作成することになるだろう。

割当て表の下に、[追加]をクリックし、モディファイして、モディファイ#1]を選択します。

Modifier


デバイスがマッピングセクションでは、それが黄色に変わるので、LEARNボタンをクリックし、に修飾子を割り当てるためにプッシュ可能なエンコーダ]ボタンを選択します。お使いのコントローラ、またはLEARNボタンの右側のボックスでマウスをクリックしたときにボタンを押し下げます。私は左の[Load]ボタンを使用することを選択した。

[マッピングの詳細]セクションで、次の設定を選択します。

  • コントローラの種類:ボタン
  • インタラクションモード:ホールド
  • 代入:グローバル


ボタンのオプション]セクションで、値を1に設定します。

Modifier One Settings


あなたはボタンを押し続けたときには、値を1に設定することで、これは基本的にモディファイ第1の電源がオンになっている、ということです。あなたはボタンを押していない場合、値は0に戻ります。

Assignmentテーブルで、F / X単位で追加をクリックして、ドライ/ウェット調整を選択するためにスクロールダウンします。

デバイスのマッピング]セクションで、コントローラ(または1つを選択するためのマウスクリック)でエンドレスエンコーダーを学び、有効にする]をクリックします。設定が完了したら、それを解除するにはもう一度学ぶ]ボタンをクリックします。

[マッピングの詳細]セクションで、私たちは今モディファイヤを適用する必要があります。

モディファイアの状態では、M1にモディファイを設定し、値を0に設定します。

[マッピングの詳細]セクションで、次の設定を選択します。

  • コントローラの種類:エンコーダ
  • インタラクションモード:相対
  • 割り当て:FXユニット1

Modifier Settings


Assignmentテーブルで、F / X単位で追加をクリックして、エフェクトつのセレクタを選択するためにスクロールダウンします。

デバイスのマッピング]セクションで[学習]をクリックして、ドライ/ウェット(または、マウスは、1つをクリックして選択します)を調整するために割り当てられているあなたのコントローラ上の同じエンドレスエンコーダーを回す。設定が完了したら、それを解除するにはもう一度学ぶ]ボタンをクリックします。

[マッピングの詳細]セクションで、修飾条件の下で、次のようにコマンドを設定します。

  • 修飾子:
  • 値:
  • コントローラの種類:
  • インタラクションモード:
  • 割り当て:

Effect One Selector


環境設定]を閉じて、あなたの新しいマッピングを使用すると、割り当てられたエンコーダを回して動くかどうかを確認してください。あなたが正常に正しくマッピングを作成した場合は、エンコーダを押して、電源を入れたときにエンコーダを回すと、あなたのTraktorのエフェクトをスクロールするときに調整して、D / Wをスクロールすることができるはずです。

[環境設定]を開く[エクスポート]をクリックして、あなたの。のTSIファイルを保存することによって、あなたのマッピングをエクスポートします。

2新しいマッピングを学習おめでとうございます!


Related Videos
Comments (0)

You must be logged in to comment.

DJing With Traktor Pro
Native Instruments 214
Dream It. Do It.
Do you want to learn DJing With Traktor Pro?
Yes, I want to learn!
No Thanks, I just want to read the article.
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: